お葬式で喪主になる時に

お葬式で喪主になる時には、色々な準備を行う必要があります。その中でも、特に重要なのがお葬式の流れをしっかりと把握する事です。病院でお亡くなりになった場合には、葬儀業者を手配して遺体安置所から遺体を運び出します。ご自宅の場合には、医師に死亡を確認してもらい、死亡診断書を用意しなければなりません。

遺体を安置する事ができたら、葬儀業者とお葬式の内容を細かく決める打ち合わせを行います。お葬式の日程であったり、式場や火葬場の選定、式場や火葬場への移動手段など決める事はたくさんあります。また、生前に故人が自分のお葬式について要望をまとめているのであれば、そういった要望についても詳しく理解し、葬儀業者と相談の上、しっかりと実現するように努力する必要があります。

また、お通夜の準備もしなければなりません。返礼品や料理の手配、誘導など色々と決める事が多くあります。特に、お通夜の後に参列者に食事をしてもらう通夜振る舞いは、とても重要なポイントになります。参列者の年齢などに配慮して選ぶようにしましょう。

お葬式や告別式などは、式の流れを把握し、随所に必要になる挨拶などを考える必要があります。挨拶は全てゼロから考えるのでは時間がかかってしまいますので、定番の例文をアレンジするような形がベストです。葬儀業者に相談するといくつかパターンを用意してもらえますので、その中から挨拶の内容を決定します。もちろん、この他にも遺族の方と意志疎通を図ったり、色々な所への連絡なども必要になります。このように、喪主の方はやる事がたくさんあります。