お葬式に適したファッション

お葬式に出席する時には、とにかくファッションが重要になります。オシャレに気を使うというよりかは、悪目立ちしないようにするというのが重要です。参列者も、お葬式を取り仕切る側も基本的には喪服になります。男性はダーク系のスーツに白いワイシャツ、黒のネクタイが定番です。女性の方は黒のワンピースなどがおすすめです。靴は黒の革靴がスタンダードになっており、金具が付いていない物がおすすめです。エナメル素材のようなテカリのある靴は控えましょう。

お葬式の時には、ヘアスタイルにも注意が必要です。髪を染めている方は、黒のスプレーでお葬式の時だけでもトーンを暗くするようにしましょう。また、髪の毛が長い方の場合には、後ろで結んでお辞儀をした時に乱れないようにするのがポイントです。明らかに明るいヘアカラーの場合には黒染めが必要になりますが、常識の範囲内でしたら黒染めしなくても大丈夫という場合もあります。耳よりも下で結ぶと清楚さがアップしますので、参考にしてみてください。

お葬式の時には、アクセサリーや時計にも注意が必要になります。基本的にお葬式中はアクセサリーは厳禁です。唯一結婚指輪だけは大丈夫といったマナーになっており、女性の方の場合は真珠のアクセサリーは身に付けても大丈夫です。また、時計は派手すぎなければ大丈夫といった場合が多いのですが、場所によっては時計をしているのがマナー違反ということもありますので、不安な方は最初にジャケットのポケットに入れておいて、周りの方の様子を見て判断するようにしてもいいでしょう。