お葬式の主な種類

近年になって、よりその人らしいお葬式を求めて、色々な種類のお葬式が選ばれるようになってきました。一昔前のような、周りの方の視線や見栄などを気にせずに、故人と、本当に故人の死を惜しむ方に最良のお葬式にしてもらうために、オーダーメイドのような形式が選ばれています。

中でも最近特に選ばれているのが家族葬です。家族葬とは、家族と故人と深いつながりのある方のみで行う少人数の規模の小さなお葬式になります。一般的なお葬式とは違い、参列している方の人数が少なくなっていますので、故人としっかりお別れする事ができます。また、親族や喪主の方も少ない人数の参列者ですと、しっかりと故人と向き合う事ができる時間を捻出しやすいという事もあり、近年大人気となっています。

また、とにかくお金をかけたくないという故人や遺族の方に人気があるのが直葬です。直葬は、お通夜や告別式の無いリーズナブルなお葬式のスタイルになります。直葬を望まれる故人の方は、遺族に余計な負担をかけたくないという方が多いです。参列する方の人数も少ないので、遺族の方にとっても非常に負担の少ないスタイルのお葬式になっています。

他にも、生前葬といって生きているうちに自分のお葬式を行ってしまうスタイルもあります。生きているうちに行う事ができますので、参列者に対して直接お礼をいう事ができますし、自分の要望をしっかりと伝える事ができます。もちろんお亡くなりになった後は火葬などはしなければいけませんが、それ以上にメリットの大きなお葬式になっています。